作品メニューへ



 1ー2

 幻想的なグラデーションの色彩をした短い髪と共に、頭に巻かれている長い二枚の鉢巻きが風に揺れている。少年は少女と仲間達の視線に気付くと、笑顔で話し掛けてきた。
「怪我はない?」
「調子乗ってるんじゃねえぞ!このガキいい!!」
 背後から襲いかかって混紡は、振り向いた少年の剣によって簡単に防がれる。
 2本になった棒は、瞬間的に4つに斬り分けられる。バラバラにされた混紡を拾う間もなく、続けざまに放たれた打撃が男の頭部に当たる。峰打ちは力の差を見せつけられたチンピラの傲慢を意識と合せて停止させると、
 完全な平和が、広場に取り戻された。
「わーいカマックなのだー。お節介カマックなのだー」
「お節介は余計だあー」
 カマックと呼ばれた少年は、お茶目な会話をお茶目に返す。少女がお礼を言う前に、もう一人の仲間が話しかけてきた。
「おーい。カマック。こっちは片づけといたわよー」
「ありがとうレ……」
 笑顔で手を振る仲間より、その後ろでボコボコにされて倒れている敵を凝視する
「気にしないの、気にしない。いつもの事よ」
「……」
(何で余計なことまでしくさってくれちゃうんですか?)とでも言いたそうな顔でレナをみつめる少年に、レナは(何よ?なんか文句あるっての?)とでも言いたそうな顔で返す。
 空気が若干ピリピリする中、少女は少年に恐る恐る話しかけた。
「……えーと……」
「何よ」
 あんたじゃない。
「あ。怪我はない?」
「あ、はい。助けていただいて、ありがとうございました。なんとお礼を言ったらいいか」
「のだのだ。のだはお節介には何も言わなくて良いと思うのだー」
  見かけによらずなかなかの毒舌家であるトカライの皮肉に、主人公なのに余り大事にされていないカマックは苦笑いを返す。
 レナは思い出したようにチンピラを探すが、男達の姿はいつの間にか消えていた。

 平穏を取り戻した広場の真ん中で、少女は再び恩人達に頭を下げる。
「本当にありがとうございました。……えーと、見慣れない方々ですけど」
「あ、俺達、旅人!!」
「のだ!みんなで旅をしているのだー」
「私はまだ日が浅いけどね」
「……へえ」
 しばし和んでいた4人であったが、少女は突然カマックの頬部分に目をやった。
「あ……擦れてる」
「ん?」
 よく見ると、カマックの左頬に若干の擦り傷がある。擦った部分から微量の血が流れている。
「……ああ、さっきの飛び蹴りの時かな?」
 蹴った時の偶然によって男同士で頬を擦り合わしちゃったのだろうか…それはもう考えないでおくが 、別に気にしないように、右腕でごしごしと頬を擦るカマックに、少女は辺りを見回し始めた。
「のだ?」
 トカライも辺りを見回す。広場は平穏に戻ってしばらく経ったせいか、人の姿があまりない
「え、えっと、あちらに行きましょう」
 少女はカマックの手を引いて、広場の隅にある狭い路地へと走っていく。トカライとレナもそれを追いかける。
 路地に着くと、少女は再び辺りを見渡す。不思議に思うカマックの右頬に両手をあてると、言葉で声を掛けた。
「少しだけ、目を瞑っていてください」
 カマックが目を閉じた瞬間、暖かい光が身を包んだような感触がする。促されるままに少しずつ目を開け、痛みの無くなった頬を触ってみると、
 カマックの頬の傷は、始めから無かったように消滅していた 。

「?」
「はい、終わりました。些細ですが私からのお返しです」
 柔らかく微笑んだ少女に疑問に頭の中が染まりながらもカマックはお礼を言うと、眉間に皺を寄せたレナが唐突に背後から近付いてくる。少女の袖に隠れている右手を掴むと、 未だ光の残る平から覗いている紫の模様を眺めた。
「あんた、“魔導士”でしょ?」
「?!」
 身を縮ませた少女は、冷や汗を流しながら顔を俯かせる。カマックは意味が分からないようにレナの顔を見つめるが、相手は手を握ったまま視線を少女に注いでいる。
 双方無言のまま時が過ぎていく中、置いてきぼりを嫌ったトカライが踊りながら近づいてくる。細い手に捕まれている白い手を見ていた大きな茶色の瞳が何度も開閉を繰り返すと、満面の笑みを浮かべながら軽快なステップを踏み始めた。
「のだ!のだも手からピカーってなったのを見たのだ。アレはなのだー、魔……」
「……」
 俯いたまま動かない少女を、カマックは不思議そうに眺めている。場が悪いような顔をして地面を見つめ続けていた紫の瞳は暫くして後に周囲から徐々に質問者の目に合わせられると、震えていた小さな唇がゆっくりと開かれた。
「……はい、そうです。私は“魔導士”です。属性は……『聖』です」
申し訳なさそうな眉を潜める少女は、捕まれている手を離すよう促すと、袖を大きく捲る。小さな右手の平に彫られている紫色の文字のような痣を晒し出すと、周囲を見渡した後に直ぐに袖の中に戻した。
 異端者の証を持つゆえに今までの他と同じように咎められるだろうと思い、少女は身を強張らせる。が、
 少年は目を輝かせて声を張り上げると、長身の仲間の肩を叩いた。
「今の、回復魔法?!わああ俺も見たかった!!」
「?」
「のだのだー!魔導士に会えたのだー!」
「??」
 覚悟していたものとは違う反応に、少女は拍子抜けしたような顔をする。レナは溜息を交じらせながら自分の肩をバンバン叩いてくる少年を渾身の力で引き剥がすと、腕を組みながら少女に話しかけた。
「まあこんな変人ばっかりだから、旅人って。何か異議はある?」
「え?……いや、あ、ありがとうございます」
 再び頭を下げた少女は、安らかな表情で笑う。殺伐とした荒廃の街の路地裏に穏やかな空気が流れると、少女は何かを思い出したように慌てながら話しかけてきた。
「あ、お名前!すいません、まだ皆さんのお名前を聞いていませんでした。……えーーと」
「あ、俺カマック!カマック・シルヴァラント!」
「レナよ」
「のだのだー、のだはピチピチのモテモテボーイ、トカライなのだ」
 愉快に自己紹介をした一行に、安心したように少女は笑みを浮かべる。風に揺れる黄緑の髪を軽くかき上げると、緊張を解いた顔に付いた小さな口が大きく動かされた。
「カマックさんに、レナさんに、トカライ君ですね。私はメロン。メロン・フルールと申します。
 ……あの、もしよろしければ、この街をご案内しましょうか?余り綺麗な街では無いですけど」
「え?でも噴水で何か待ってたんじゃないの?」
 先程のいざこざの時に聞こえた会話から想像してカマックは質問するが、メロンは遠くにある噴水を目に写しながら呟く。
「構いませんよ。……多分今日も、来ませんから」
「誰?彼氏?」
 レナの言葉に、メロンは首を横に振る。水を二度と出さない壊れた噴水を眺めながら、切なげに返事をした。
「いいえ……女の人です。旅をしています。彼女の帰りを待っているんです。
 私は待ちます。明日もこれからもずっと、ずっと待ち続けますから」

 フィオラの街は、美しい物が何も無かった。違法な価格と質で品物を売る闇市に、原型を留めていない通路に這う廃棄物と汚水の垂れる人工の河川。骨の見えた建物から轟音と共に剥がれた壁が落下し、土煙を上げて損壊した瓦礫の傍に、子供の浮浪者達が堕ちるだけの未来を想像しているように、うつろな眼差しを向けて座っている。
 何処に行っても目に写るのは、栄光が衰退した跡と、かつては漲っていただろう生気を無くした人々の姿。中央にそびえ建つ通信塔だけが力を失う事無く存在しており、その中から侮辱の言葉を連ねるラジオの音が瀕死の街の至る所へと流されている。
 最低な場所での観光にも関わらず、旅人達はメロンから案内を受けると、都度都度に反応を示す。目を輝かせながら驚いたり歓声を上げたりする3人と過ごしている内に、案内役のメロンの顔に自然と笑みがこぼれていた。
 時が矢のように過ぎて空が真っ赤に染まった頃。損壊の少ない広い高台に着くと、岩山地帯の名産品である『岩山昆布』を持ったトカライを先頭に、カマック、レナ、メロンが錆びついたフェンスの近くへと移動する。横並びになって見つめる大きな夕日には消えない一筋の虹の傍に星達が散らばっており、やがて来る夜へ向けてゆっくりと移行を始めていた。
「のだのだー、メロンが教えてくれたお店で真っ黒でっか昆布を買ったのだー。岩山なのに名産品が昆布なのだ」
「ソレ、布団にするって言ったら承知しないわよ」
「のだ!大きな太陽なのだー!」
 巨大な昆布を地面にほうり投げると、トカライは仲間の言葉を無視して夕焼けを観察する。「綺麗ですねぇ」とつぶやいたメロンは薄くなっている虹を見ると、目を細めながら七色の光の帯を鑑賞した。
「不思議ですよね。あの虹さんは」
「メロンちゃん。あれはね、俺の旅の道標なんだ」
 メロンは隣にいるカマックへ振り向くと、カマックは空の虹を指さした。
「あの消えない虹の端に、『幸せの土地』っていう誰もが幸せになれる場所があるんだ!」
 メロンは虹を見る。夕焼けの街の空に浮かぶ半透明の虹が、地平線の彼方へと向かって伸びている。
「でも夜には見えなくなるから、追う事は出来ないんだよね」
「のだのだ。だから夜はみんなでジェンガしたり、トランプしたりして遊ぶのだー」
「……カマックさん達の旅って、楽しそうですね」
「野宿は、魔物や虫との仁義なき戦いというイベントがもれなく付くけどね」
 壊れた街と壊れかけている人々の影が、太陽が沈むと共に闇に溶けていく。赤が紺へと徐々に変わっていく様子を見ていたカマックは突然掴んでいた手をフェンスから弾き離すと、不思議そうに顔を眺めていたメロンに話し掛けた。
「あ、そうだ!メロンちゃん、セファーって人を知ってる?」
「のだ!のだ達はセファーに会いに来たのだ。メロンは知っているのだ?」
 話に割り込んだトカライは、一度捨てた昆布を拾うと、小刻みのステップでダンスを踊る。眉を潜めている少女の顔を覗く少年と男児に、少女は恥ずかしそうに目を合わせながら首を振る。
 レナはフェンスの先の景色に眼を向け、風に髪を靡かせていた。
「えーと、茶髪で、ピンクのミニスカートを履いていて」
「青いマントにピンクのハイヒール。長い三つ網の髪型で、後頭部に大きな青いリボンを付けた女性ですか?」
 記憶の姿を鮮明にしたメロンは、驚くカマックに微笑みを返す。錆びたフェンスに背を預けると、深い溜息を吐いてから声を出した。
「よく知ってます……セファーは私の実の姉ですから。私が待っている人は、姉です」

 メロンはフェンスに手を掛けながら、空を見上げる。全てを朱で覆う黄昏空は、少女の胸の内を表しているように哀愁感を漂わせている。
「毎週手紙を送ってくれていましたが、最近まったく来なくなりました。心配ですが……私は待ってる事しか出来ませんから」
「……そっか」
 カマックは何かを言いたそうにするが、喉から出そうになる言葉を飲み込む。果てかけの街に訪れる栄光の時と変わらぬ夜は、穏やかな眠りに誘うように全ての光を徐々に奪っていく。
 空気に溶けていく虹の跡を見ている旅人と少女の肩を、小さな手が何度も軽快に叩く。振り向いてきた顔達に満面の笑みを返したトカライは、帽子の中を物色する。
 手に掴まれて現れたのは、バナナの絵が描かれた緑色の大きな湯飲み。温かい飲み物が入っているようで、黄色い湯気が立ち上っていた。
「のだ!コレは「バナナ茶」という、のだの友情の印なのだ。メロンとは今日から友達だから、コレをあげるのだー」
「?……わー、ありがとうございます」
 メロンが手渡された湯呑を受け取ると、気のせいかレナとカマックはトカライを睨みつけている気がする。仲間の刺さるような視線を無視して微笑んでいるトカライに、不思議に思いながらもメロンは深々と礼をしてから湯呑に口を付けた。
 ――バナナ茶。それはトカライの開発した特製ホットドリンク
 材料、加熱したバナナジュース、それと思い付く限りの調味料を思い付くままの量
 味、激不味――
 スローモーションで倒れた少女に、黄色い声を出した鉢巻少年の背後で男児が女に掴まれた昆布でビンタされ、独特の口調の悲鳴がエコーを効かせて響き渡る。
 その後メロンの記憶が数十分間強制消去されたのは、言うまでもなかった。


「では、私はこれで失礼します。今日は本当に、ありがとうございました」
 夕日が殆ど沈んだ刻。一行に深々と礼をしたメロンに、カマックも深々と同じような礼をする。背後で見ていた仲間2人も手だけの挨拶をすると、メロンは満面の笑みをした。
「カマックさん達は、しばらくこの街に滞在されるのですか?」
「うん。長居はしないつもりだけど、食料とかの準備をしてから出ないと途中で行き倒れになっちゃうから」
「のだ!でもさっき買ってきたコレが救世主になるの」
トカライが『岩山昆布』を振ると、レナとカマックは口パクで「却下」を下す。半泣き顔を昆布で隠したトカライの姿に、メロンは可笑しそうに笑い声を漏らした。
「セファーなら、きっと直ぐに帰ってくるよ」
「……そうですね。私はこれからもずっと姉さんを待ちます。それしか私には出来ませんから」
 もう一度頭を下げたメロンは、旅人達に別れの挨拶をすると、彼らと出会った広場へと向かって歩いていく。カマックとトカライは大きく手を振りながら、少女の背中に声を掛けた。
「明日も会えたら、また街を案内してねー!」
「のだのだ!今日のバナナ茶はぬるかったと思うからなのだ、明日は出来立てのアツアツバナナ茶をあげるのだー!」
 メロンの姿が見えなくなって暫く経つと、街は紺から黒に染める色を変える。夜が更ける前に宿屋を探そうと、カマック達は虹が完全に消えている事を確認すると、高台を後にする。
 お世辞にも綺麗とは言えない路地を歩いていく3人は、縦に並びながら雑談にふける。広場を横切ろうとした時に噴水の前に立っているメロンの姿を見つけると、先頭を歩いていたカマックは肩を落としながら独り言をつぶやいた。
「んー……まだセファー、帰ってきてないんだ。『この街に帰る途中』って、あの時は言ってたのになー」
「のだのだ。近くを通ったから、会いに来たのになのだ。メロンは心配で堪らないのだ、セファーは何処で道草してるのだ?」
 待ち合わせ場所から一歩も動こうとしないメロンの後ろ姿を流し目に見守りながら、広場を通り過ぎた一行は、昼間にメロンから教示を受けた治安の未だ良い区域を目指す。レナは大通りの端に煌々と光って並んでいる半崩れの街灯に描かれている、削れた竜の絵を目に写すと、溜息交じりに前を歩いている少年に話し掛けた。
「で、さっきから話題に上っている、セファーっていうメロンちゃんのお姉さんは何者なの?」
「あ、そう言えばレナは知らなかったっけ。セファーはね、俺とトカライがお世話になった人で――」

  ――レナがカマック達と出会う数日前。
 東世界の最南部に位置する「平原地帯」の一角で、カマックとトカライは一人の少女に出会った。
 茶色のおさげ髪に青い大きなリボンを付け、ピンクのミニスカートに同じ色のハイヒール、青いマントの装いをした少女は、カマックが旅の足にしている灰色のオープンカー『流星号』の命の恩人だった。……と言っても、実際はガソリンが切れて止まってしまった車に、たまたま通りがかった彼女が、乗っていたバイクから燃料を分けてくれたのだが。
 瑠璃色の中型バイクに乗って旅をしていた少女は、自身の名をセファーと名乗った。カマック達と同じく『幸せの土地』を目指して旅をしていたと、号泣するカマックを慰めながら言った。
「東世界を何周も回ったけど見つからなくて。……ずっと気がかりな子もいるし、残念だけど私はリタイアする事にしたの」
 大事な人と一緒にいる事が『幸せの土地』に行く事よりも自分には幸せな事なんだと思い、故郷のフィオラに帰るのだと、セファーはカマックに伝えた。折角出会えた同じ目標を持つ仲間の挫折に気を落とすカマックを、セファーはにこやかに勇気付けると、自分が旅をしている最中に出会った珍しい出来事や、珍しい物や景色、人々との思い出を語り聞かせてくれた。
 車が無事に生き返り、別れる際にカマック達の旅の成功を祈ったセファーは、手を振りながら何度も何度もひとつの言葉を繰り返し口に出した。彼女の言ったポジティブな口癖を、今もハッキリと覚えている。
「大丈夫!君なら絶対大丈夫!大丈夫だよ!」
 心優しく、いつも笑っていた彼女はきっと、出会った人全てに愛されているのだろうと、カマックは思った。――


「あんた達も、色んな人に会ってるのね」
 宵闇に映える人工の光に照らされながら、レナは宿泊場を探しつつカマックの話に相槌を打つ。いち早く目的の場所を見つけたカマックは手で誘導すると、仲間の言葉に答えるように、はにかみながら口を開いた。
「まあ旅ってそんなものだから。俺は『幸せの土地」の旅をして、人間や魔導士や、トカライとレナに、そしてセファーとメロンちゃんに会う事が出来たから。沢山の人と繋がる事が出来るこの旅は、本当に凄いものだと思ってる」
「のだのだ。のだとカマックとレナは、永遠の友達なのだー。メロンとセファーも、ずっとずっと友達なのだー」
「……そうね。これからもよろしく、相棒」
 宿屋の入口に向かう少年の肩を後ろから叩き、レナは引き締めていた唇を緩ませる。二人の間に挟まれたトカライは愉快そうにその場で小躍りを始めると、手に掴んでいる緑色の湯飲みを誇らしげに掲げた。
「のだのだ。そしてのだのこの『バナナ茶』で、友達の輪は更にぐんぐんと広がっていくのだー」
 カマックとレナはトカライを無視すると、宿屋の扉を叩いて中に入っていく。置いてきぼりにされた邪気の無自覚は湯呑を持ってくるりと一周回転すると、扉が締め切る前に仲間達の後を追いかけて行った。

←1-1  1-3→

inserted by FC2 system