作品メニューへ



 1ー4

 ――遙か遠い場所から、小鳥の囁き声が聞こえる。暖かい日差しと心地よい風が、身と肌を優しく撫でてくる。
 揺れ動かされた髪が頬を摩ると、うめき声を出した少女の意識が戻る。ぼんやりとした思想と視界が徐々に鮮明になった時、薄暗い空間で初めて見た景色は、
 目の前に広がる、大きな一筋の虹だった。
 半開きの巨大なガラス窓の先にある美しい七色の帯は雲の間をすり抜けて、岩山の向こうの遙か遠くへと伸びている。目を地に向けてみると、覆うように広がっているフィオラの街が玩具のように小さく、所々に建っているビルの破片が、骨からそぎ落とされるように音を立てて崩れていった。
「……」
 遠くにある住んでいる場所と、届きそうな程近い澄んでいる場所を見比べてから、無意識に辺りの様子を観察する。薄暗い閉鎖された空間に、細かい金属音が響いており、水から泡の吹き出る不気味な音が不定期に聞こえてくる。不思議な空間に違和感を覚えながら身を動かそうとした時、
 自分が今、拘束されている事に気が付いた。
 厚い鉄で出来た椅子に足と腕をロープで硬く結び付けられており、古代文字のような痣の彫られた右手の甲を、半球体の硝子が包んでいる。硝子から伸びている太いパイプが背後にある2つの円柱の物体と繋がっており、泡の吹き出るような不気味な音が時々聞こえてくる。
 軽く鉄を叩いたような音がしたので視線を向けると、眼前に男の背中が映る。歳は自分より遙かに上であるのは明確だったが、部屋にある光の量のせいで姿を把握出来ない。
 空気が乾燥しているのだろう、喉に僅かな痛みを感じる。金属をイジる不快な音が止んだ時、唐突に相手が振り向いてきた。
「気付いたようだな。予定外の事態だが……まあ支障はない」
「……?」
「醜い街だ、今のフィオラは。まるで栄光という肉が腐り落ちていく、生きた屍のようだ」
 薄汚れた赤い軍服を着た男は、片手をボタンの沢山付いた鉄の板に乗せながら話しかけてくる。窓の外に広がるフィオラの街の一部が崩れていく度に、部屋の中から細かいノイズが効果音に代わって響きわたる。
 男は無機質な瞳で少女の顔を眺めている。異様な光景に困惑をしながら、メロンは大きなお辞儀をした。
「あ……あの、こんにちは!!えーーと、私は何故こんなことになっているのでしょうか?なんでぐるぐる巻きさんになっているのでしょうか?あの、あなたは一体……此処は何処で、
 !!!」
 相手が握っていた金属の棒が頬に当たる。力の限り殴られたメロンは椅子に叩きつけられると、短い鼻息を出した男は添えていた手で鉄の板を叩き始める。
 水の吹き出る音に合わせて、フィオラの建物がまた1つ崩れて消え去っていく。砂煙を上げる荒廃の街が悲鳴のような音を出して壊れると、スイッチのような突起物が指で押し込められた。
「似てると思わないか?この街は。未来のこの世界に、そしてあの国に」
「?」
「私は虎の威を借る狐だったろう。だが今は威無き虎に牙を突き立てる。それがかつて、忠義を魂の底から誓っていた相手だとしても……。
 ”コレ”を見付けた時に、私は虎に換わる事にした。戦乱とあの国により全てが廃れたこの『東世界』を救い掌握する第一歩を、これから見せてやろう」
 滲むように受ける圧迫感に、息が苦しくなってくる。固定された右手に痛みを覚えると、周囲の壁の奥から無数の気配を感じる。
 泡の吹き出る音が徐々に頻繁になってくる。装置を触っていた男が笑みを浮かべて別のスイッチを押すと、鉄の板から飛び出してきた細長いマイクに口を近づけた。
『親愛なるフィオラの民よ、これより「魔導士」を使用し、通信塔に備えた「装置」に第一段階を施す。これはこの街を救う為の素晴らしいものだ。段階が完了したら、また速報で伝える』



「装置?何の事だ?」
 通信塔に辿り着いたカマック一行は、耳元に当てたラジオの声を聞きながら、そびえ立つ巨大な塔を見上げる。
 崩壊寸前の周囲に反して、新品のように傷一つない純白の壁面は、塗られたペンキすら禿げている箇所が何処にもない。異様な建物は持ち手の無い巨大な扉が口のように取り付けられており、青々とした背の低い木々が、何かを隠すように建物の付け根を覆っていた。

 ――フィオラ通信塔――
 「荒廃の街フィオラ」の中心部に建つ塔。「魔導戦争」前は音声情報を送信する通信塔として人々の生活に利用されていたが、現在は無人の廃墟となっている。
 建造されたのは数百年前と伝えられており、かつて存在していたとされる高度な文明の遺物とされているが、建築理由や内部の構造詳細等は一切謎となっている。

  古の模様が描かれた巨大な扉が、旅人の前で堅く閉ざされている。カマックは両の手で力の限り押してみるが、動く素振りは微塵もなかった。
「ぐおおおおおお!!」
「のだ。押してダメなら、引くのだ」
「ふぎいいいいいい!!」
「引いてもダメなら、横にずらすのだ」
「だああああああ!!!」
「のだのだ。それでもダメなら、下から持ち上げるのだ」
「ぜーぜーぜー……ぐらああああああ!!!!」
「時間の無駄だわ、どきなさい!!」
 場違いなコントを始めた2人に苛立ちを覚えたレナは、カマックとトカライに指示する。場を離れた仲間達の視線の先へ向かって腕を伸ばすと、手の平を扉に向けた。
 激しい爆発音と共に、炎に包まれた鉄の板が土煙を纏って四散する。無理やり開かれた入口に突入すると、湾曲した広い通路が姿を現した。
「多分こういうパターンじゃ、最上階にいるんじゃないかしら。さっきのラジオから察するに、時間は余りなさそうね」
「了解。早くメロンちゃんを救いだそう!!……って!!」
 入り口の端に座り込んでいるトカライを見つけると、カマックは慌てながら様子を伺う。何かを丁寧に並べ終わってから満面の笑みを向けると、走り出した仲間達の後を追いかけた。
「のだのだー」
「トカライ、何してるんだ?!早く来い!!」
「のだのだ。のだのとっておきなのだー」

 螺旋のように曲がりくねった通路は、真新しい建物のように異様な清潔感に包まれている。照明器具が取り付いて無いにも関わらず眩しい程に明るく、窓の無い煉瓦調の壁は何処にも染み一つ付いていない。
 足音と共に響く細かい電子の音が、耳に不快に入り込んでくる。人気の無い道を進んでいくと壁側に階段を見つける。登って上階の通路を進み、また見つけた階段を上る。それを暫し繰り返す。
 手に持ったラジオは沈黙したまま、ノイズが徐々に大きくなってくる。幾つ目かの道を走り、次の階段を登り始めたと同時に唐突に気配を察知すると、カマックを筆頭に全員が立ち止まる。鋭くした神経の感じるまま視線を段上に向けると、
 甲冑に身を纏った一人の男と目が合った。
 被った黒い鉄の兜ごしに男は少年達を見下ろすと、腰に差されている剣を鞘から抜く。何かをつぶやいた相手が掴んだ武器を頭上に振り上げた時、胸元に光る金色の竜の紋章が目に映ると、
 カマックは相手の懐へ飛び込んだ。
 振り下ろされた刃が空気を切ると、少年は手すりを掴んで身をひねる。浮いた体が宙を横に一回転する間に、伸ばした両手が武器の柄を握る。鞘から引き出されたカタナとナイフが遠心力を合わせて斬撃を与えると、敵の甲冑越しにクリティカルヒットを加える。
 男が倒れて階段を転げ落ちると、一行は敵を飛び越えて段を駆けていく。上階の通路に足を踏み入れるや否や警報のベルがけたたましく鳴り響くと、
 道の奥に立っている甲冑姿の男達が、手に持った剣と斧の刃を向けてきた。
「出たわね。面倒臭いから速攻で片付けるわよ!カマック!!」
「舐めた口をきけるのはそれまでだ。何処の鼠が迷い込んだのか知らないが、”我々”と出会ってしまった運命を呪うが良い」

 空間に短い血しぶきが吹き出ると、二つに斬り分けられた武器が回転しながら飛び上がる。天井に突き刺さった剣の刃に長い鉢巻きを頭に巻いた少年が写ると、甲冑姿の男がうつ伏せになって倒れる。
 ウエスタン帽子を被った男児と金髪をポニーテールにした女が少年に続いて走っていく。カーブ状になった道の途中に新たな階段を発見すると、待ちかまえていた甲冑兵が剣を構える。
 腰に差したそれぞれの武器を抜く。レナの右手に掴まれた大振りの西洋ナイフが鈍く光ると、振り下ろされた刃を身を引いてかわす。踏み込んだ長い足が段飛ばしで敵に接近すると、迫り来る剣めがけてナイフを力の限り振り上げる。
 刃のぶつかる音が響き、武器と武器が弾け遠のく。首と腰めがけて横振りされた斬撃を素早く段を下って回避し、再び素早く接近すると、
 ナイフを鞘に戻し、手で相手の胸を軽く叩いた。  激しい爆発音が響き、男の身が黒煙に包まれて吹き飛ばされる。不敵な笑みを浮かべたレナを先頭にして、一行は再び走り出す。
 足音だけが響く通路は、周囲の色が徐々に白から土色に変わっていく。傷だらけの煉瓦が積まれた壁には点々と小さな窓が取り付けられており、向かい合わせに大きめの木の扉が閉められて並んでいた。
 流れ過ぎていく窓の外の景色を見つめる。見上げていたフィオラの建物達が目線と同じ高さで確認出来る。外壁を越えた先には広大な岩山と空が広がっており、少し大きくなった一筋の虹が、天高い場所から遙か彼方へと向かって伸びていた。
 丁度、此処は塔の中間辺りなのだろう。
「……?」
 通路の中央に置かれている物体を見つけたカマックは、揺れ動くソレに近付いて手にとってみる。積もり乗っている灰色の鳥の羽根を取り除くと、霞んで滲んだ文字が書かれた紙切れが姿を現した。
 ――……グ………君……て――
  潰れていない文字だけを心の中で読み上げると、払い落とした羽根が舞い上がり、一方に向かって飛んでいく。視線で行く先を追ってみると、並んで設置されている扉の内の1つが僅かに開いている。
 空気が内部に向かって流れているのだろうか……物置らしく、木製の棚の一部が隙間から確認出来る。
 鳥の羽根が室内に吸い込まれていく。冷たい空気と水の泡の音を感じ取ると、カマックは扉の中を覗き込んだ。
「ん?何か見え……、
 ……………」
 無言になった少年の横に並んだレナは、目線の先を同様に眺める。風の吹き込む部屋に、揺れる白と水色の鉢巻きの先が室内にあるモノ達に触れる。
 震える紙をポケットに突っ込むと、肩を叩かれたカマックは強引に体の向きを変えられる。扉を閉めたレナは首の縦に振ると、少年の背を押しながら囁くように声をかけた。
「行くわよ、リーダー」
「……」
離れた位置で声をかけてきたトカライに返事をすると、三人は再び最上階を目指して走っていく。
 扉に挟まった鳥の羽根が通路に飛び出てくると、円を描いて舞い落ちる。窓からの日差しを浴びて輝きながら、誰にも見届けられない地で制止をした。


「メインスイッチON。初期起動開始。……さすが古の文明技術だ、期待出来る」
 ボタンを押す音が断続的に聞こえると、キーボードから溢れ出した幾つもの色の光が暗い室内を不気味に照らす。泡を吹き出した椅子の背の筒が蛍光色に染まり、地面の色が白色に変わり出すと、少女の体を締めている紐から粒状の光が流れ出す。
 輝き出した不気味な全てに、メロンは恐怖を覚える。拘束された手足から鈍い痛みを感じると、椅子から身を乗り出しながら話しかけた。
「あ、あの!あなたは一体誰で、ここで何がしたいんですか?!私は一体何をされようとしているのですか?!」
「うるさい、この魔導士」
 振られた金属の棒に頬をビンタされる。口を開こうとする度に何度もされる殴打に顔から血が吹き出ると、叩きつけられる鉄の椅子によって皮膚のあちこちに痣が出来る。
 口を閉じると同時に金属の棒が顔から離されると、男は再び装置を触り始める。連続で押されるスイッチが周囲の色を更に気味の悪いモノに変えると、固定された右手から強い痛みを感じた。
「やめてください!痛いです痛いです、痛いです!!」
「ならば黙ってそこに座っていろ。……何、お前の役目はすぐに終わる」
 男が大きなスイッチを手の平で押す。メロンの右手から伸びたチューブから光の粒が流れていくと、椅子の背後に取り付けられている筒に溜まっていく。
 疲労感が襲ってくる。薄れそうになる意識の中でベルのような電子音が響くと、男がマイクを掴んで真顔で何かを呟く。周囲を見渡した後にメロンを凝視すると、小さな溜息を吐きながら不気味な笑みを浮かべた。
「……見た目は可愛い小娘なのに、とんだ化け物だ。しかしお前はこれで私の野望に大いに役立つ」
「……あなたは一体……?」
「全てはこの街の通信塔を見つけた時!私の計画は始まったのだ……復讐の!!
 あの戦争で部下と取り残され、帰還の為の連絡手段を持たされていなかった事を知った時、自分はその場限りの道具と変わらぬ扱いをされたのだと理解した!血肉と魂を捧げた国は、私から誇りと尊敬の念を奪ったのだ!
 流れ着いたこの地で手に入れたこの「力」で、私を見捨てた事を後悔させてやる!皇帝に!軍将に!私の力を見せつけるのだ!!」
「……あなたは、もしかして」
 メロンは男の着ている服を見る。色あせた赤い服は軍服なのだろう、それなりの位を感じさせるような豪華な装飾品が取り付けられているが、紋章の部分がどの物からも抉り取られている。
 鳴り響いたベルのような音に、男はスイッチを操作しながらマイクを掴んで短い命令を叫ぶ。笑みを浮かべて少女の背後に見える金属の扉を見つめると、手に持った金属の棒で手の平を叩いた。
「計画には障害が付き物だ。だが私を邪魔する者は生きて此処から出られない。
 1週間前も……そして今日も」
「え?」
 扉が、激しく叩かれる。
 外側から何かが何度もぶつかる音がすると、何事も無かったかのように沈黙する。身構えた少女と男に与えられる長い静寂に、異様な不気味さを感じた時、
 短い音と共に、扉が爆発した。

 火だるまになった鉄の板が男の脇をすり抜けて窓へとぶつかる。激しい音を立てて崩壊した硝子が、少女の身に降りかかる。
 七色の帯を映した破片達を見つめたメロンが、驚いている男の見ている方角に振り向くと、黒い煙が立ち上がっている場所に2つの人影が現れる。長い影と短い影が煙の薄れによって女性と幼児に姿を鮮明にすると、その背後にしゃがみこんでいる鉢巻きを巻いた少年が見えた。
「!?カマックさん!レナさん!トカライ君!」
 声を上げた少女に答えるように、名を呼ばれた金髪の女が高々と片腕を上げる。王者のような存在感を見せつけたレナと踊り回るトカライの後ろで、息を荒げたカマックは腫れ上がった自身の手を凝視している。
 主人公を放置して仲間2人は室内に入ってくると、トカライはメロンの拘束されている椅子の背もたれに回り込む。安堵する少女に満面の笑みを浮かべると、直ぐに男の目の前に止まったレナに不満で尖らせた口先を向けた。
「のだ、つまらないのだ。未だ『回転させる』をカマックに試させてないのになのだ」
「これが迅速で確実な手よ。次するときは、十分過ぎる時間がある時にしなさい」
 跡形もなく壊された扉の奥で、立ちあがったカマックが部屋の中に向き返る。赤くなった哀れな手を握りしめ、目を見開いている男と少女を見つめると、
「メロンちゃん!助けに来たよ!!」
 無駄と称された努力の汗と涙を拭い、力の限り声を張り上げた。



←1-3

inserted by FC2 system