作品メニューへ


 「勘違いするな」はあいつの口癖。実際に何をと具体的に言われた事は少ないけれど、どうやら私は何かと勘違いをしてしまう癖があるらしい。
 他人の勘違いには生きている内に敏感になってしまった。薄っぺらい嘘吐きと決め付けを誰もかれもが投げ合っているのは、気持ち悪くてもう沢山。それはこの異質な『数字の世界』で出会った人達も殆どが感じているだろうと思う。そう決め付けてしまっているのも私の勘違いでしかないのだが。
 私は孤独だと言った。でも本当は、すべての時間が孤独だった訳ではない。
 私に"魅姫"という名前と居場所をくれた人はいた。母方の祖母が此の世から消えてしまったのは私が7つの時だったけど、それでも彼女が私の、唯一自分の存在を認めてくれた人だった。
 両親も弟も会いに来ない親戚の家にいても、祖母と過ごせた時だけ、私は全然寂しくなかった。
 今いる此処も寂しくはないけど、何もかもが理解出来なくて凄く怖い。でも今は此処だけしか、私が私でいられる場所が無い。
 世界に排他された『私』を、此処だけは決め付けなく認めてくれると信じてる。此処で出会った彼も、あの人達も、あいつも――

 #2

 2-1


  ――4月になって未だ日は経っていない。だけどこの『帝鷲町』では、道に咲いている花や草や、暖かみを持った風が次の季節を濃く感じさせてくれる。
 車も自転車も見ない不思議な町の外れに孤立して建っている廃アパートで、私、鴉夢桜魅姫は新しい人生を始めている。この建物には3つしか使える部屋が無いが、真ん中の部屋が現在私の新しい家となっている。
 まだ暮らし始めて3日しか経っていないので殺風景だけど、璃音への依頼料として全財産を持って来ていたお陰で、必要最低限の生活用具と雑貨は揃える事が出来た。正直言うとコレは大嫌いな母親が送ってきたお金だけど、彼女は私をお金と引き替えに捨てたんだと思ったら、このお金は私の物。どう使おうと私の自由だ。
 結局依頼料に関しては渡そうとしたけど断られたので、生活費に当てる事にした。その代わりに突きつけられた条件には従っているけど……。
 彼が何を考えているのかは全然分からない。ただ試験をされたあの日、アパートの屋根の上で彼が言った言葉を覚えている。
 "お前はあの時「生きたい」と言った。俺はそうじゃないとお前を拾った意味が無い"――

 廃アパートの端にある鈴鷺 璃音の家には大きなゴミ袋が3つ、和室の隅に固めて置かれている。畳に乗った古い卓袱台の上には炊き立ての白米と味噌汁と目玉焼きと牛乳が置かれており、家主である茶髪の若い青年と、隣人の黒髪の少女が向かい合わせに座っている。
 黒いロングワンピースに白いエプロンを付けた格好をした魅姫は、丸盆を抱えながら緊張した様子で相手を見つめている。長い間棚に仕舞い込まれていたらしい取れない茶渋が付いた茶碗を持ち上げた璃音は、調理者の顔を一瞥してから食事を開始した。
「飯が硬い。 芯が残ってる」
(仕方がないわよ。 このアパート、電気とガスが通ってなくてカセットコンロしか使えないもの。 鍋で御飯を炊くなんて、小学校の時の家庭科以来よ)
「誰が半熟にしろと言った。 完全に焼け」
(知らないわよ、あんたの好みなんか)
「なんで白飯の横に牛乳があるんだよ! お前のBig Bustの搾りたてかよ?!」
(……)
――何故朝食の抜き打ちテストなんかさせられてるんだろう。私は何時こいつのお嫁さんになったんだろう。
 亭主関白極まりない。ただの犯罪者じゃないの、あんた。朝っぱらからセクハラ言ってるんじゃないわよ。何よビッグバストって、巨乳って言いなさいよ……言わなくても良いわよ。――
 反論を堂々と言いたかったが、背後の壁にアサルトライフルが入ったギターケースが立て掛けられてる。本物の銃では無いだろうが、逆らったら問答無用に撃ってくるだろう。
 その後も手製の料理に文句を次々と挙げられる。舌打ちすら出来ない状況に魅姫のストレスが溜まっていく中、床の上に転がっていたスマートフォンの画面に0800の数字が表示された。
「味噌汁、美味いな」
(?)
「もうこんな時間か。 片付けろ、昨日言った場所に行くぞ。 その前に俺の用事に付き合え」

 アパートを出た2人は、左右を溝に挟まれた田道を延々と歩く。上半身が隠れる程の大きな紙袋を抱えた魅姫は、狭い視界の中をおぼつかない足取りで進んでいく。
 Vネックシャツとジーンズパンツの上から草臥れたトレンチコートを羽織った璃音が2歩程後の位置を歩きながら誘導する。同時に監視もされているようで、時々発せられる鋭い視線に激しい悪寒を感じさせられていた。
「何度も言うが、本当に「表の世界」に帰らないんだな?」
「何回も言うけど、帰らない。 帰りたい場所なんか無い、何処にも無い」
 威圧的にされる質問に幾度も応える。眠気を誘う筈の春の風が、今は木枯らしのように感じられる。
 紙袋に入った赤いチェックのスカートが、上に乗せられた藁半紙の隙間から時々姿をちらつかせている。溝に落ち掛けた体を服を引っ張られて救われた魅姫は、崩れ落ちた荷物を拾い戻しながら、煙草を吹かしている青年に話し掛けた。
「私はずっと独りだった。 今までの私は、あなたに殺して貰ったから」
「……ここのRuleを言っておく、忘れたら知らねえからな。
 管理と俺に逆らうな、それだけで良い」

「魅姫、待っていろ。 勝手に遠くに行ったら殺す」
 建物が密集する場所に着くや否や、璃音は魅姫を電柱の前に立たせると来た道を引き返して行く。
 置いてきぼりにされた少女は紙袋を抱えながら指示に従うが――待つ時間を無限に感じてしまう。今は日が出ているので周囲の景色は鮮明だが、それでも未知の土地にいるのは、やっぱり不安でたまらない。――
 辺りを見渡してみると、どうやら今居る場所は商店街らしい。まだ早朝なので殆どにシャッターが降りていたが、斜め前にある小さな店だけに、淡い明かりが付いている。
 数十分間待機を続けてみたが、璃音が戻ってくる様子はない。――あの店に入ってみようか。唯一開いている店の中なら、彼の姿が見えたら直ぐに外に出られるし、彼も気付いてくれるだろう。――
 照明に誘われるように近付いた店の前に、吊し看板を首からぶら下げた木彫りのフクロウが置かれている。愛くるしい小太りのミミズクは魅姫の腰程の高さだったが、顔を何者かに何度も蹴られているらしく、大量の靴の跡がこびり付いていた。
『小梟山骨董楽器店』
 短い段のある玄関を潜ると、薄暗い店内には西部劇の鉄砲屋で出てきそうな黒い木製のカウンターがあり、煉瓦作りの壁一面には英語のポスターと古ぼけたクラシックギターや金管楽器が飾っている。
 異国を感じる空間の奥に取り付けられた日本の個人商店らしい唐草模様の暖簾越しに、段ボールが積まれた一角で作業をしている男の姿が見える。歳は30代の始めくらい、部位に歪みが余りない綺麗な顔をしている。
 背は璃音より高めで、小さめの銀縁メガネと白いYシャツ、灰色のブレザーという服装に紳士的なイメージを感じる。髪型が特徴的で短い黒髪をオールバックにしているが、右側の耳元から項にかけての一部分に、ボーダー柄の刈り上げが施されている。
 男は段ボールの中から黒い金属らしき物を数個取り出すと店内にやってくる。魅姫の存在に気が付くと、人の良さそうな笑顔で話し掛けてきた。
「いらっしゃい! 珍しいね、若い女の子がこんな汚い店に朝っぱらから1人で来るなんて」
「あ、は、はじめまして。 素敵なお店ですね、アンティークの渋い雰囲気が格好良いです」
「そうかい、ありがとう! それよりも嬢ちゃん、あんた良いモノ持ってるね!」
 気のせいか、男の言葉が自分の胸部に対してのような気がする。歳に似つかない豊かな胸は地味なワンピースを着ていても目立つのか、次に発せられた言葉が疑惑を確信にさせた。
「どうだい嬢ちゃん、そこにある楽器も持っていって良いから、5万円で」

「明日此処で自分の葬式をしたいようだな、ハゲ」
 鼻で感じたキツい煙草の臭いと共に、何かが蹴り倒されたような音がした方向に振り向くと、紙袋を2つ手に持った璃音が男を睨み付けている。足下に転がっているミミズクから察するに、どうやら彼が置物に暴行を繰り返していた犯人のようだ。
 柄の悪過ぎる客が来たにも関わらず、男は微塵も怖じ気付かない。慣れたように手首を振ってカウンター前に誘導すると、18禁を感じる色々が見え隠れしている荷物を受け取りながら会話を始めた。
「いやーすまんすまん、お前の連れだとは思わなかったんだよ。 しかし何処で見つけてきたんだ? 可愛い顔してる上に、滅多にお目にかかれないその」
「うぜえんだよハゲ、さっさといつもの奴よこせ」
「禿げじゃねえよ、これは剃ってるんだ! ……あーヘイヘイいつもの奴をいつもの数だな。 前払いだ、先に金をよこしな1946」
 相手の左鎖骨下に彫られた4桁の数字を名前のように呼んだ男は、紙袋を引っ込めると催促する。璃音はくわえていた煙草をカウンターに置かれたアルミの灰皿で潰し消すと、ポケットから英数字だけが書かれた煙草の箱と共に、茶色い分厚い封筒を取り出す。
 3日前に連れて行かれた深夜の公園で理不尽な殺人依頼をしてきた男から受け取っていた封筒は、そのままの形で手渡されると、中から漫画かテレビでしか見た事がない量の万札の束が引っ張り出されて数えられる。
 数十枚抜かれて封筒に戻された大金は、持主に返されると無造作にコートのポケットに突っ込まれる。男は手に持っていた黒いノの字の形をした金属をカウンターの上に置くと、安価なオイルライターと共に滑らせ渡した。
「AK用箱型弾倉(マガジン)を3本、確かに渡したぜ。 あんまり無駄使いするなよ、こういうのを手に入れるのにはこの国では苦労するんだ」
「テメエの苦労なんか知るか、それよりももっと安くならねえのか? ぼったくりも大概にしろハゲ、この間Americaのsiteで見た奴の10倍近い値段取ってるじゃねえか」
 受け取った金属達も無造作に上着のポケットに突っ込んだ璃音は、煙草に火を付けながら男を睨む。大金を持ってきている割に買物の額に納得がいかないらしく、不満を曝け出している客に男は悪気の無さそうに返事した。
「バレちまったか。 無理だな1946、俺も生活が掛かってるし、これはヤベエ商売だしな。 ただし条件を飲めば違うが?」
「……」
「2、3回相手するんだったら毎回半額にしてやる!」
(見境がないの?! この人!!)
 予想外過ぎる18禁提案に隣で代わりに大衝撃を受けていた魅姫は、小声で命令されたので店の外に出る。
 背後で罵声と共に何かが何度も蹴られている音が聞こえたが心底自業自得だと思ったので、倒れ転がっている木彫りのミミズクを起こし戻して頭を撫でた。


 漸く暖かいと感じる事が出来る春の風を受けながら、魅姫は再び紙袋を抱えて田舎道を歩く。
 左右に広がる田畑の先に、全てを囲い込むように建っている黒い巨大な壁が見える。先日璃音が『堀』と呼んでいたあの建物は、魅姫がこの町に入る為に通った関所でもある。
 2歩程後の位置を監視するように歩いている璃音は、時々服を引っ張って進行修正をしてくれるが荷物は持ってくれない。田園だけの道が終わって溝に落ちる危険が無くなると、不安定な体が壁に当たりそうになる度に救済された。
「小梟山の癖は忘れろ、あいつはただの運び屋だ。表向きは骨董楽器屋だがな、俺もたまに楽器だって買うが」
 ――この間弾いていたクラシックギターの事だろうか?弾き方の本も一緒に買えば良いのに。――
 色んな意味で危険と判断した先程の楽器屋店主は、対応から察するに友人なのだろう。促していないのに情報を伝えてくる彼は、気のせいか機嫌を損ねているようだった。
「お前には関係ない奴だが、会っちまったら仕方ない。何かあれば好きに使え、あいつの名は小梟山 聖(こきょうやま ひじり)。ちなみにあのハゲの数字は「1989」で、表示位置は左二の腕。別に覚えなくて良い……
 魅姫、其処だ。First things first.(まずはやるべきことをやれ。)」
隣に並んで止まった璃音は、魅姫の左頬に擦れるかの位置に右手を置くと、目の前の建物を指さす。治安の悪い繁華街にあるような古い黒塗りの雑居ビルは、日の光を浴びて姿を見せているにも関わらず、染み入るような不安と恐怖を与えてくる。
 早口で言われた英語は理解出来なかったが、伸びていた腕に左肩を掴まれると、強制的に押し出させられた。
「手順は昨日話した通りだ、事が済むまで待ってやる。終わったら直ぐに戻って来い、逃げても探して殺すがな」
「……」
「Good luck.Don't cry.」

←2-0  2-2→

inserted by FC2 system