作品メニューへ


  2ー4

 家主も訪問者もいない廃アパートの1室に置き去りにされているMacBookに、メールが送信されてくる。不定期に送られてくるメッセージのファイルは軽快な着信音と共に、DOCKに張り付いている封筒の形をしたアプリの右上の数字の数を急速に増やしていく。
 誰も弄っていないのにもかかわらず、送られてくるデータ達が画面の中で勝手に開かれていく。短い英語と数字の羅列は徐々に大量になって瞬く間に画面を埋め尽くし、最後のメールの内容が現れたと同時に、画面を浸食していた全てを消し去った。
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
 0221,1528,0047
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐


 ――”魅姫”という名前は、私の唯一信頼していた人が名付けてくれた。母親のお腹にいた時から要らないと言っていた両親の代わりに、祖母が「この子は必要だから」と意味を込めて名付けてくれたらしい。だから自分の名前を呼ばれる事は嫌いじゃないけど、それを嫌がらせの為に呼ぶ人は今までで非常に多かった。彼や彼女達の事は”嫌い”ではなく”苦手”だった。本音を話せない人だから全て”苦手”だったのかもしれない。
 祖母以外の誰にも愛された記憶の無い私は、他の人のような「普通」では無いからだからなのか、幼稚園の時から家以外の場所でも1人でいつも過ごしていた。集団という物に適応する事が元々出来なかったのかどうかは分からないけど、誰かのする何かに自分を殺してまで付き合いたくなかったというのは、昔も今でも私の凄く大切な「本当の気持ち」だ。
 漢字に「姫」が付いているからという理由で男達からちょっかいを出され、それをしてくる相手に対しての恋愛感情やら劣等感やらで染まったヘドロのような心で勝手に勘違いをした女達から一方的な排除攻撃を受けた。虐めは幼稚園の時からで、中学校からは胸が大きいからという肉体的な理由が気付かない内に付け加えられていた。
 教師や自分よりも先に生まれている「大人」という人間は、今まで出会った中では祖母以外は誰1人として尊敬出来るに値しなかった。毎度問題が起きる度に職員室で延々と聞かされる担任からの説教は、相手が自分の後ろにいる見えない何かに向かって話しているんだと思って聞いた。それが自分に対してなのだと信じてみたくて、賭けのように嘘だけを並び立てて話してみても、1つとしてそれが嘘なのだと相手は聴き当てる力を示してはくれなかった。
 集団は大嫌い。数の寄せ集めは暴力と幸福の強奪しか無いものだと思っている。作り上げられた非常識が昨日までの常識を否定して喰い変わる、そんな最低の集団の為にある最低な世界が、私の生きていたあの場所だと思っている。だから私は希望を見いだせないあの世界で生きてきた全ての過去と、未来を捨てた。あの場所は弱者は永遠に弱者だと悟った。1度でも躓いた人間は道を歩くことを許されない世界だとも悟った。
 私はこの帝鷲町という新しい世界で、生きる、生きるともう決めた。だからこの町でこれからは生きていく。迎えにくる人なんていないから、私は此処で好き勝手に生きていく。
 未だこの町の事は分からない。だけどあの恩人が、私を導いてくれる。だから私は此処で生きる。ずっとずっと此処で――

 雲が広い空に溶けていくように、辺りから徐々に光が無くなっていく。高い建物も人工の照明機器も無い田舎道は自然の時間の流れに全てを任せたまま、訪れる闇に存在を消していく。
 小さな商店から出た魅姫は、食品と日用品の入ったビニール袋を抱えながら帰路に付く。小さな懐中電灯を点灯させ、町の地図を見ながら人気の無い田圃道を歩いていると、  
 足音が、谺をしている気がした。
 振り返ってみるが、誰もいない。住宅路の途中にある階段を上っていると、背後から不思議な足音が聞こえてくる。ヒールで踏んでいるような高い音。振り返ってみるが、やはり誰もいない。
 「音が反射しているだけよ」と心の中でつぶやきながら、震える足を前に進める。しばらく歩くと、また足音が谺する。振り返るが誰もいない。少し歩くとまた足音が聞こえる。振り返ってみるが、誰もいない。
 不安が恐怖に変わっていく。速度を上げて歩みを進めると、聞こえていた音が響いてこなくなる。安堵の息を吐いてアパートを目指して歩を進めていると、また足音が谺した。
 ――尾行られている?なんで?誰?――
 直ぐに思い浮かんだ茶髪の青年の姿を首を振って否定する。更に速度を上げて歩くが、足音も速度が上がっていく。――女の人?誰?どうして?何の為に?私に一体何の用なの?――
 駆け足は直ぐに全速力になる。それでも谺は止まらない。高いヒールの音が耳に何時までも響いてくる。唐突の恐怖は急速に体内で色濃くなっていく。
 空の色が深い紺になり、前方を照らすのは懐中電灯の光だけになる。「来ないで」という自分の心の声を代弁するように、上空からカラスの鳴き声が忙しく聞こえてくる。走っても走っても振りきれない追跡に、少女の恐怖が頂点に達した時、
 前方に現れた男の胸に、ぶつかった。
 赤くなった鼻を押さえながら頭上を見ると、黒いフード付きのローブを着た背の高い男が睨んできている。傍には同じような恰好をした男が2人。共に筋肉質で、頬に4桁の別々の数字が掘られている。
 手に掴んでいる細くて堅い何かを包んだ布が、体を小突いてくる。威圧的な焦げ茶色の瞳はやはり豊かな胸部を見つめてくると、舌打ち混じりに英語で話し掛けてきた。
「What's with this guy? I'm going to fucking kill you.(なんだこいつ?殺すぞテメエ)」
「Never mind. Shake it!(気にするな。急ぐぞ!)」
 肩を掴んできた別の男に促された男が、少女を突き離して走り去っていく。他の2人も後を追うように消えていくと、少し肌寒いと感じる春の風が、冷汗で濡れた黒髪と服をなびかせた。
 ――何あの人達?外国人?でも顔は日本人っぽい。日系外国人か、璃音のような帰国子女かしら?――
 異様な雰囲気を持っていた男達の姿に、悲惨な最期を遂げた3日前の廃教会の男の事を思い出す。口を紡いだ魅姫は未だ頭から消えてくれない夢に対して何度も記憶を消去したいと願っていると、
 ヒールが地を踏む音が、背後から響いてきた。  
 反射的に足が高速で前方に駆け出す。迫りくる音の主を撒くようにわざと右折左折を繰り返しながら、両手に抱えたビニール袋から落ちた食べ物が何かを確認せずに、置き去りにした忘れ物を放置してただひたすらに追跡者から身を離していく。
 永遠に感じられる鬼ごっこは、空が更に黒に染まっても終わらない。色濃くなる恐怖は重圧を纏って少女の心を押し潰そうとしてくる。息の出来ない肺に空気を入れる事が出来る場所を探して、魅姫は涙に濡れる瞳で道の先を走り続けていると、
 十字路に現れた1人の人間に、衝突した。
 体当たりを受けてのけぞった相手は、何処にでもいるような中年の男性。先程の男達のような野獣を思わせる印象は無く、特別を感じない顔と体型にくたびれた汗染み塗れのTシャツにショートパンツを着ている。瓶ビールの詰まったケース箱を抱えている相手は少々怒っているようだったが、謝罪の言葉を聞くや否やごくごく普通の内容の注意をしてくると、そそくさとその場を離れていく。
 小さくなっていく相手の剥き出しになった右足に9902の数字が掘られている。赤黒い4桁の烙印を見つめていた魅姫は、自分の右手の甲に巻かれている包帯の下に刻まれている、0000の数字を眺めた。
 ――この数字の意味は何なのだろう?管理の人は”コレ”が名前になるとは言っていたけれど……。やっぱり此処は囚人の町?だけど余りにも自由過ぎると思う。
 この町の事は、未だ分からない。私は未だ、何も分からない。――

 思考を巡らせていた魅姫の右手から、火傷の痛みが襲ってくる。土道に突き刺さる靴の音が耳の奥に聞こえてくると、激しくなる2つの主張に聴覚と触覚が狂わされていく。
 幻聴なのか事実なのか不明になった連打音と激痛に、耐えかねた体が脂汗を流して震え出す。気の休められる場所を求めて朦朧となりかける視界の先へ走り出すと、足を動かす度に太陽の光がますます辺りから無くなっていき、染み込んでいく闇が胸の中で渦巻いている恐怖を一層濃くしていった。
 ――分からない。全てが分からない。音が消えて欲しい。もう追ってこないで欲しい――
 駆けても駆けても、この町で覚えられている唯一の場所にたどり着かない。流れていく未だ違和感しか感じない景色は、長年心に居座り続けている『孤独』という名の苦痛を内臓から湧き出していく。
 声に出来ない念を心の中で叫び、溝に挟まれた田圃道を進む。永遠に感じる同じ景色が鳴り止まない音と共に永久に続く。自分が死ぬまで抜け出せないのではないのかと思ってしまう一本道を、手に持つ懐中電灯の照らす儚い光を頼りに進み続けていると、
 足音が、耳に微かも聞こえなくなった。
 漸く動かしていた足を止めた魅姫は耳をすましてみるが、狂った足音のノイズは何かに殺されたように、その気配を完全に消し去ってしまう。包帯に膿を染み込ませる水ぶくれの痛みが残っているものの、心地よい静寂の中にわずかに聞こえる音の主の風は、萌える種々の春の匂いを混じらせて穏やかに髪と服になびかせる。
 平和を感じる雰囲気に掴んだ懐中電灯の先を見ながら安堵の溜め息を漏らすと、魅姫は赤が仄かに残っている宵空を無意識に見上げる。未だ構ってくれる相手を見つけられないのだろうか、孤独なカラスは地に腹を見せながら遙か天で大きな円を描いて飛んでいる。もう二度と自分と重ねないと誓った彼かも彼女かも分からない哀れな鳥の行き先を、心の底から感じた安堵に浸りながら見守っていると、
 ヒールを履いた細い足に、横から蹴り飛ばされた。
 地面に靴の底が打ちつけられる音と共に、純白の淑女の靴が狂気を纏って腹部にぶつかる。奇襲を受けて土道に倒れた魅姫は、懐中電灯と抱えていたビニール袋の中身を地面にぶちまける。
 咽びながら起き上がろうとする少女の体に何かが跨ぎ乗ると、平たくて光沢のある布が喉に密着する。ギロチンの刃のように首に押し込まれていくソレが短い光沢のあるスカートだと気付いた瞬間、枝のように細い2本の腕が、頭部を乱暴に掴んできた。
「あいつあいつあいつあいつあいつあいつあいつあいつあいつあいつあいつあいつあいつあいついつあいつあいつあいつあいつあいつあいつあいつあいつあいつあいつあいつあいつあいつあいつあいつあいつあいつあいつあいつあいつあいつあいつあいつあいつあいつ!!」
 潰れかけの機械のように繰り返し叫ばれる1つの単語が、鼓膜が千切れるかと思う音量で叫ばれる。壊れた振り子人形のように頭を激しく振ってくる手の片方が離れると、転がった懐中電灯を掴んだ相手が暗がりから姿を現わす。
 胸部の開いたショッキングピンクのワンピースに白いヒールを履いた痩せ過ぎの女が、流行りの巻髪をした頭部を少女の顔に近付ける。地味な同性の容姿を見てあからさまな舌打ちをした女は、押しつけていた体を乱暴に引き離してきた。
「あんた男じゃないの?!……いや、もうどっちでも良いわ。あんたあんたさ、あたしを助けてよ!!」
(?)
「何処でも良いから安全な場所に連れていってよ!早く!さっさとしろよ!!」
 作り上げた美人顔に塗りたくっているファンデーションの臭いが鼻に突き、薬漬けで痛み切った金髪が皮膚を不快にこする。完璧に手入れされた露出の多いファッションの女は、極まりない無礼を謝罪する素振りを微塵も見せる事無く、蚊とんぼのような体をひねりながら、辺りをしきりに見渡している。
 ――最近の女は狂っている。あれが病で無いのなら、骨と皮だけの異常な体型を、美の極みだと思いこんでいるのだろうか?ーー
 魅姫は女の肢体を観察するが、隠した場所の少ない相手の肌の何処にも4桁の数字が彫られていない。妖艶気取りの生きた骸骨は睨み顔をすると、距離を離そうとした少女の肩に、装飾したネイル付けの指を喰い込ませた。
「あたしね、狙われているの!騙されたのよ、あいつに!あのキチガイ女に!!」
(?!)
「友達にしてやっていた恩を返さずにずっと音信不通にしやがってた癖に、突然電話してきて、こんな田舎臭い町に呼び出して!散々一方的に愚弄してきた上に、こんな物を渡してきたの!!」
 主語の無い未完成の日本語を吐き散らして、女は頬のこけた顔を茹でたように真っ赤にする。尖った爪に痛がる少女の肩から片手だけを離すと、女の名前らしき物が書かれた、殴り書きの手紙を突き出してきた。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 親友の――へ。
 ねえ、一緒に行った婚活パーティ覚えてる?雰囲気が凄くタイプの人がいて、私が躊躇していた時にあんたは「1回だけ話しかけてみたら?」って言ったよね。あの後ね、あんたの言ったとおりに話しかけてみたら、直ぐに仲良くなって同棲する事になったんだ!でもねでもね、でもね。
 彼、最高だったのは見た目だけで、湯水のように私のお金やクレジットカードを勝手に使っていた上に借金も莫大に作ってて、出会って直ぐに私を保証人にした挙げ句、発覚した途端に蒸発しちゃったの!この糞猿!あんたがあの言葉をあの時に言わなかったら、あんな屑男に関わらなかったし、私の人生は滅茶苦茶にならなかった!あんたのせいよ、あんたなんか死ねば良い!私の雇った殺し屋に、殺されてしまえ! ――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 ――何ソレ、理不尽極まりない。勝手な恨みを擦り付けるなんて、最低人間の卑怯者だわ――
「こんなイカレた手紙を渡されて直ぐに、一緒にいた知らない奴に殺されかけたのよあたし!だから逃げてるの!お願いだから早く助けて……ヒイッ!」
突然耳を塞いだ女が、怯えたように身を縮める。静寂に覆われていた筈の周りから、金属が地面を叩くような音が断続的に聞こえてきた。
「足音……聞こえる。あの音。あいつ、あいつが雇った殺し屋」
(……)
「ちっちゃちっ茶髪。長くくなっ長くて、トレンチコート着てて。顔、きき綺っ麗だけどだだど、さっ鎖骨、19、19、19……」
呂律が回っていない女の背後から、音が徐々に大きく響いてくる。不気味な音の連鎖は女の体を瞬く間に震え上がらせると、涙に溢れた目の下に付いた赤塗りの口が、発狂声を叫び上げた。
「嫌ああああああああああああ!来る、殺される!!助けて!助けてええええええええええ!!」
 一方的に少女をはじき飛ばした女が、飛ぶように逃げ去っていく。置き去りにされた魅姫は暗がりに消えた女の行き先を眺めると、血の滲んだ肩を労わりながら散らかっている食料を拾い集める。
 未だ慣れない目が黒だけの景色を見つめながら手探りで物を探すと、ようやく掴めた即席麺に付いている湿った土を払いのける。放り投げられた懐中電灯を取り戻し、少し勢いの無くなった灯りで前方を照らすと、確信出来る安心感が、それまで感じていた恐怖を一気に消し去っていった。
 ――もしかして、彼かしら?……だったら大丈夫。あの人だったら大丈夫。
 多分きっとまたこの間の男の子のように、“殺し”と称して鬼ごっこでもしながらトラウマを植え付けるほど怖がらせているだけだろう。醜悪な友人を持ってしまったあの女の人は気の毒かもしれないけど……まあ良いわよね、因果応報よ。――
 再び見上げた空の中に、いつの間にかカラスの姿が無い。己の存在を誰かに知って欲しいと伝えたいのか、孤独な鳥の哀れな鳴き声が風に乗って微かに聞こえてくる。
 静寂に包まれた帝鷲町に、夜が本格的に訪れる。光を食われた闇一色の道に、今は何も不吉な音は聞こえなかった。


 ――Make no mistake.(勘違いするな。)。試験に合格したからと言って、好き勝手にして良いと許した訳では無い。―― 
 街灯の無い土道に鉄が地面を鳴らす音が響く。まだ冷たさの残る4月の風が、紫煙を纏って茶髪とトレンチコートをなびかせている。
 踝に鉄板の付いた靴足を止め、くわえていた猛毒の煙草を吐き捨てた璃音は、青白い光を放つ傷だらけのスマートフォンをポケットにしまう。入れ違いに取り出した待機を促す文章が書かれた丸文字の手紙が黒いグローブを付けた手に捻じ曲げられると、醜くなった字で埋まった紙玉は光の薄れた宙に放り投げられる。
 背負っている布製のギターケースから傷だらけのアサルトライフルが出され、引かれたトリガーから鉄が叩かれる音が響く。轟音と共に細切れになった少女の筆跡の死骸が踏み潰されると、威圧を纏った茶眼が釣り上げられた。
 ――お前が今している最大の思い上がりを正してやろう。俺は「逃げたら探して殺す」と、言った筈だ。――

←2-3  2-5→

inserted by FC2 system